2018.09.26 Wednesday

Reos de midi

秋分も過ぎ、秋の長雨

来たるべく冬に向けて準備の季節ですが、

久しぶりの大阪での展示会です。

 

Repos de midi

大阪府枚方市堤町10−12

072-843-1525

open  11:00~18:00

close  monday

2018 10.6~10.21

初日6日、一粒舎 在店させて頂きます。

 

 

会期中にお店におじゃまして過ごさせて頂く時間や

そこへ向かうあいだ、そこからの帰り道が

私たちにとっては小さな旅になってるんだなと

(お店に立つ時間以外は本当に電車移動だけ、

のような日帰り、瞬間移動的な場合も多いですが。。)

あらためて思いました、大阪、枚方、初めての土地に赴くことを考えているうちに。

 

その場所でお店を開かれている ルポデミディ さん。

お店というか、商いというか、今あるその場所との関わり方、

その場所とお付き合いし続けてゆきたいという思いが

実際の出来事として結実している、形になっている。 そんな印象を持っています。

 

引き比べて自分達の地域との関わり方、わが姿のムラっ気なさま。

 

いろいろな物事との関わりかたの密度、どんな間合いで接してゆくのか、

そんなことを旅立つ前の心づもりにして。

訪れる時間や、いろいろな方とのお話や、細々した出来事を楽しみにしています。

 

 

カードケースなど小物や、鹿の革のもの、巾着、帽子など

その場でお持ちいただけるものも少し並べさせていただきます。

通常の受注生産の靴、鞄は1年程の納期となります、お時間頂いてしまいます。。

 

お立ち寄り頂けましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.08.22 Wednesday

北の住まい設計社 東京

酷暑の関東を出て、今年も北へ向かって

車を走らせました。

北上するほどに空気が澄んで、

憧れの目で見つめる鳥海山も

いつもは頂上に雲を纏ってたけれど、

今年はその姿をくっきりと。

 

北海道に下船すれば更に空気は乾き

道中、どの山々も例年になく

見事な稜線を見せてくれました。

知床半島へ寄り道の途中でみた

斜里岳の姿のよかったこと、、、

 

山へ分け入ってみようなどという

知恵も体力もないまま

遠くから眺めては感嘆しているだけの

私たちですが

それぞれの土地に、それぞれの山があって

その風景に出会うのが、いつのまにか

旅の大きな楽しみになりました。

 

今年もいろんなの風景や人に出会えて

無事、葉山へ戻って日々の製作をしています。

 

次の展示会は東京です。

 

9月1日〜9月9日

 

北の住まい設計社 東京
東京都世田谷区等々力5丁目31-16
TEL.03-3701-7206/FAX.03-3701-7435
OPEN.11:00 – CLOSE.18:00
水曜定休

 

初日の1日に在店させて頂きます。

誰もいない大きな自然に心つかまれながも

人の行き交う、雑多な街もまた心踊ります。

晩夏の頃、のんびりお待ちしています。

 

納期は現在1年程です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 


2018.07.31 Tuesday

北の住まい設計社 東川ショールーム

今年も夏の北海道での受注会のため

明日から工房を離れます。

 

北の住まい設計社 東川ショールーム

2018 8・4〜8.19

 

北海道上川郡東川町東7号北7線
tel.0166-82-4556

 

一粒舎をはじめた頃から、夏になると

いつも北海道にお邪魔させてもらっていますが

今年の夏ほど 北の爽やかな空気が待ち遠しい夏はなかったような、、、

 

昨年は道東経由での東川入りで 改めて北海道の広さを感じ

今年もまた東へ。

北見、網走、知床を足早に辿る道程を。

 

まずは東川店での受注会 初日4日に在店させて頂きます。

定番のものを中心に、すぐにお持ち帰り頂ける

小さなもの、鹿革のものも少しございます。

旅の途中に、お茶がてら、、お立ち寄りいただけましたら

幸いです。

 

8月中旬までには戻る予定です。

それまでは、メールのご返信や発送などができませんので

よろしくお願い致します。

 

蝋引き鹿革のCAP

革の帽子、ハードなイメージがあるかもしれませんが

被ると案外馴染みます。

 


 


<< | 2 / 61pages | >>
 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
SEARCH