2019.06.24 Monday

nice things 8月号

雨の降りしきる中、

「サラヤと送る、シンプルな暮らし」のページで

取材をしていただきました。

happy elephant の洗剤や

いろんなお話をしながら、

我が家のモノ達も少し、、

 

nice things 8月号

是非お手に取って頂けますと幸いです。

 


2019.06.18 Tuesday

日光の鹿革

5月のフィールドオブクラフト倉敷の出展から

すっかり時間が経ってしまいましたが、

その際に、いつものものに加えて

日光の鹿革についての展示をさせて

頂きました。

その時のものを、以下長文ですが、、、

 

 

製作の日々、折に触れ 素材について考えてみる、

この鹿革のこと。

 

そもそも、革のモトとなる皮を得る為の行為を  

自分の手で行ってみる必要があるのではないか、

と感じていました。

 

そして、東京、墨田の革なめし工場で

須藤さんという方との出会いがありました。

(栃木に住み、鹿に関わる仕事に携わる人。)

 

「一度日光の山に来てみませんか、

鹿が獲れれば、皮剥ぎも一緒に。」

 

その言葉に甘え3年前の冬、奥日光で、ある種の狩りに

立ち合わせてもらい、教わりながら

一頭の鹿の皮を剥ぐことができました。

ナイフを手に、血と肉と自分の汗の臭いに混じりながら、

とにかく夢中で。

 

そして、これらの鹿が害獣として

捕らえられていることを知りました。

 

今年のはじめ、その後の須藤さんの活動の様子を聞きに、

MOMIJIKA・・・日光鹿革を山の恵みとして

活かし続ける活動をされている。)

鹿の棲む山のなかに身を置いてみるために、

彼の拠点である 栃木、日光、鬼怒川へ。

 

「このあたりで降り始めると、奥日光では積もってますね。」

 

待ち合わせた駅前はほんの少し雪がちらついており

積雪を見越して、その日予定していた山行きを断念し

須藤さんの案内で猟師Aさんのお宅へ伺いました。

 

70歳前後のAさん曰く 

「自分の若い頃は、山に深く入っていっても

鹿を見かけるということさえなかったよ。」と。

 

それが今なぜ、害獣として駆除される程に

山に鹿たちが増えたのか?

その日のお二人との会話の中で、

これまでの山の変遷を知りました。

 

山、鹿にまつわる色々なこと。

 

1900年代初頭に姿を消した日本オオカミ。

明治以降、獲物であるシカ、サル、イノシシなどが人に乱獲*され

餌不足になり餓死に至ったり、餌不足により人や家畜を襲うため

駆除されてしまう。

更に、狂犬病の流行もあり絶滅。

シカにとって森の捕食者の不在。 *前述Aさんの若い頃は、

この頃の山の状態が続いていたのかもしれない。

 

 

昭和30年代以降、それまで燃料として盛んに利用された木炭が

石油、電気、ガスに取って代わられ、炭焼きという

里山保全の一面を持ったものが衰退していったこと。   

人と山との関係が変わっていった。

 

 

戦中、戦後復興期にかけ伐採された森を補いつつ、

社会、経済の要請に応える形で推進されてきたとされる、

スギ、ヒノキの人工林の育成。

現在、日本の森林面積の4割を占める人工林、その7割が

スギヒノキ人工林。

その林のなかにあっては、日照不足などの為、下草があまり育たず、

餌の少ない環境は、シカ、イノシシなどにとって居心地の良いものではない。

 

 

地球温暖化の影響により、厳冬期が少なくなったこと。

本来ならば、弱い個体はその間に命をつなぐことが出来ず

淘汰され、個体数が抑えられたが 暖かい冬が続くことで

増えてゆく要因ともなった。

 

               ・

               ・

 

「昨年1年間で、日光市では約5000頭、栃木県全体では約9000頭の

鹿が狩猟、駆除されています。」

 

「それでも鹿の増加に歯止めはかかってないように見られています。」

 

栃木県だけが特別多いという数字ではないようで2018年、

全国で60万頭弱の鹿が殺生されている。

そのうちの7割は害獣駆除にあたる。

 

猟師さんにお別れをして、

日の傾いた畑道を須藤さんのお宅へ向かう車中で発せられた

彼の活動当初からの思い、

 

「奥山に入っては高山植物を荒らすとされ、

 里山に近づけば畑をあらすとされ、

 鹿はどこへ行けば良いのか・・・。」 

 

その言葉が私に残りました。

 

「今度は雪のない時期に。一緒に山を歩きましょう。」

 

               ・

               ・

               ・

なんだか人の都合で守られたり、駆除されたり。 

でもその都合だって、山近くに住まう人にとっては

身に迫ったもの。

そして一度人の手の入った森から人が手をひいてゆくとき、

ゆり戻しのようなことで大きくバランスが崩れてしまう。

 

自然に対して、人はどこまで関われるのだろう。

その時その時の良きバランスを見つけることは とても困難で

常に変化しあう事象や思いは煩わしさをも伴うけれど、

それでも関わりを持ち続けることが、手がかりのような気もする。

 

 

子供たちを忙しく送り出したあと

お茶を飲みながら、毎朝見ている窓の外。

 

風のある日は木の葉が揺れる、枝がしなる。

5月ともなると近隣の家の建物は

若い葉に埋もれて見える。

 

空は青いというより白く

景色は四角い窓枠に収まっている。

 

その向こうは目には見えない。

距離があって、建物が多くて 手前に小さな山もある。

窓枠は小さい。

 

けれども、例えば車に乗って 高速を北へ、

東京の地下トンネルをぐるぐる下りてビルの街を抜け、

郊外を走り、どんどん進めば いろは坂。

その名の通り48回のつづれ折りの急坂を

ハンドルを切って切って登る。

 

するとぽっかり中禅寺湖。

気がつくと すでに山の空気に覆われている。

 

私は見えない山にいる。

 


2018.05.23 Wednesday

nice things 7月号

 

      

 

nice things 7月号  綴る のページにコトバを

載せていただきました。

いつものカバンも 飾らずにでも少しすまして撮っていただきました。

機会がありましたら、是非ご覧頂けたら、、

 

 


2017.07.17 Monday

小さな冊子

はじめての場所や人と出会ったとき

自分達の仕事やものつくりを説明させてもらう機会が

あります。

でも なんとなくうまく伝えられなかったり

コトバが足りなかったりします。

 

そんな時に小さなカタログのようなものが

あるといいな、と思うことがありました。

 

でも 本当はそんなことよりなにより

あの人にそういうモノを頼んだら

どんなモノが出来上がるんだろう、、、

展示会でもお世話になり、その都度

傍らに置いておきたくなるような

DMなどを作ってくださった人。

 

そんな気持ちに動かされて

作ってもらった小さな冊子。

 

これから少しずつ 見てもらえる機会が

ありますように。

 

 

 


2017.07.17 Monday

nice things

いま書店に並んでおります「nice things .8月号」の

暮らしのかたち という特集のなかで一粒舎も

のせて頂きました。

取材の日、訪ねてきてくださったのは

若くみずみずしい編集者さんでした。

あれやこれや思いを巡らせて とりとめのない私たちの

コトバをまとめてくださったんだと思うと、、、

有難いことだな と

届いた紙面をみて、なんだか そんなふうに

思いました。

 

いろんな暮らしのかたち

もしよろしかったら、手に取ってみてください。

 

 

 

 

 


2016.06.30 Thursday

7月10日

京都の展示会も昨日で終了いたしました。

お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

いつもなら、ほっと一息な気持ちのはずですが

このところは、ずーっとソワソワ、、、

それというのも、来る7月10日に

とてもとても大切な選挙があるからです。

 

私達の暮らす神奈川選挙区の候補者の方達は

どんな人たちだろう、

東京で頑張っている

三宅洋平さんも応援したい。

いろいろな選択肢、論点があろう中で

私個人の気持ちでは、自民党の憲法改正草案は

どうしても受け入れがたい。

どんな風に生きてゆきたいのか

そんなことすら、選挙の度に問われている気がします。

 

さっき逗子駅の護憲派の方の演説を

少し仕事を抜け出して、聞いてきました。

その時に会った いつも言葉とその行動で

沢山の考えるきっかけをくれる年上の大先輩に

ステッカーとチラシをもらいました。

 

どうかどうか、選挙にいきましょう。

そして、どんな選択をするのかは

各自のものだと思うけれど

まだみていなかったら

自民党の改憲草案(自民党のHPでみられます)を

みてみてください。

それによって変わってしまうもの、

そうなってゆくかもしれない世界を想像してみてください。

 

Vote Our Planet

 

 

 

 

 

 

 


2016.06.14 Tuesday

floatbag ベルトの取り付け例

floatbagは ベルト3本の組み合わせ方で
  *ベルトなしのポーチ
  *短いベルトのハンドバッグ
  *短めの肩掛け
  *長めの肩掛け
   
  などの使い分けができます。






色々と使っていただければ幸いです。

2016.05.27 Friday

かくかくしかじか。

ここ1,2年ご縁を頂いた日本の鹿の革。

今思うことを言葉にしておこうと。


    これらの鹿の革について
    
    日本中の山あいで
    シカやイノシシたちが
    年を追うごと増えており
    その地で暮らす人との間に
    多くの葛藤を生み出しています。


    自然の形は読んで字のごとく
    自らなっている、その時そのままの状態で
    人の意味づけを超えた在りようではないか
    と感じています。
    そして、その在りようの中で
    意を尽くして営みを続けてゆくことを
    人はさだめられているように感じます。


    色々な生き物の生息数や割合や分布
    数々のデータ・・・。
    数字での表し方は
    自然の在りようの一面を確実に捉えつつも
    その他の面をとりこぼしてゆくことでもあり・・・
    
    記号として対応されてゆく中で
    欠けてしまったもの 失われつつあるものを
    少しだけでもとらえ直すために、あるいは
    多くの零れ落ちるものが少しだけでも
    手のひらに受け止められることを祈りつつ。



 クラフトフェア松本でほんの少しですが形になったものを
 展示販売致します。
 機会を頂ければ幸いです。
   
 

2016.02.27 Saturday

アレンフラップなどのベルトの長さ調節について

いくつかの鞄に採用しておりますベルトの長さ調節の方法を
画像とともにお知らせ致します。
細革紐を通してつなぎとめます。



ベルト本体にある二つの穴に、細革紐を通して、
通した先端を細革紐の根元の穴に通します。



細革紐のたるみがないように引っ張って、
もう一度ベルト本体の二つの穴に通します。



通し終えたところの表面、裏面はこのようになります。
(うらおもてはどちらがどちらでも構いません。)




以上となります。
もし分からなくなった方がいらしたら、
参考にして頂ければ幸いです。

2015.10.12 Monday

この鹿の革のこと

まだ言葉にならないことも多いのですが、
忘れてしまわないように、、、

今年の3月、僅かに雪のとけ残る日光の山で
野生の鹿の革を剥ぐ機会を得ました。
革の仕事は、もともと生臭い1面も
併せ持っている仕事です。
皮を革にすることで、現れるもの 失うもの、、
製作の道々、そのあたりのことが
時折、気持ちをゆすぶっていました。

日光の山でのその1日、
様々な音や臭い、感触、
持ち上げたときのぬくもりや重さなど。
体感したこと、、、

野生の生物と人の営み、それを内包する
自然という世界のありよう。
それは、人という枠の中では、もしかしたら
とらえきれない、受け止めきれないことかもしれないと
思ったり。

日光の山とココの間には、いろはにほへと48ヶの
曲がりくねった坂があり、帰り道 その境の手前で
暗い夜の運転にフッと落ちそうになりつつ、
前方に目を向けた一瞬、
路上に立ち止まっていた1頭の生ある鹿。
踏み込んだブレーキ、ゆっくり横切っていったシルエット
最後にこちらを向いて、反射していた瞳。

光と影や、相反するものの共存する矛盾した世界であることが
今の私には、とても有難いことに感じました。

この秋、その皮が革になめされて
私たちの手元に届きました。
エサの少ない初春に捕獲されたこの鹿の革は、
実りの多い秋冬のソレと比べて、
厚みが薄いようでした。

その革を手にとってみて
形にしてみたいと浮かんできたのが
帽子と巾着でした。
見て、手にとってもらえる機会のあることを願って。




 

<< | 1 / 2pages | >>
 
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
SEARCH